女性が体臭サプリメントで気になる成分!ヒノキの効果

女性が体臭サプリで気になる成分のヒノキの特徴とは?

体臭サプリメントに使用されるヒノキの効果とは 
一部の体臭サプリメントにしか配合されていませんが、ヒノキが使用されていることがあります。

 

独特の香りの強さがあって、どのような香りなのかすぐにイメージできると思いますが、体臭にどのような働きがあるのか?についてです。

 

ヒノキというと日本と台湾のみしかない木のことで、乾燥地域を好み光の少ない場所でも育つ特徴を持っている木になります。

 

ほとんどは建材として利用され、家を建てるときに多く利用されているものです。

 

建材としてはブランド的な扱いで寿命がとても長く、中には1000年も持っている建造物があって建築材としては世界のトップレベルに位置にいるそうです。

 

しかも1000年前と強度が変わらないという、とても強い木だということが分かります。

 

1000年というと人間の寿命の10倍以上なので、この寿命に凄さを感じますがそれを可能にしているのが耐久性と保存性です。

 

木は通常、伐採されるとそこから少しづつ弱って腐りやすくなりますが、それをとめているのがヒノキに含まれるヒノキチオールという物質で、この物質は抗菌作用、殺菌作用に優れてるために木の腐食を防いでいることになります。

 

ヒノキでつくったお風呂というものがありますが、湿気の多いところだとカビが多く繁殖しますから普通は木材のような腐りやすい素材をお風呂に使用しません。

 

ですが、ヒノキについてはその優れた抗菌、殺菌作用があるためにヒノキ風呂の木材として利用されています。

 

これだけでヒノキの抗菌、殺菌作用の強さが分かると思いますが、体臭との関連性はフィトンチッドの働きが大きいことになります。

 

 

女性が体臭サプリで気になる成分!ヒノキのフィトンチッドとは

体臭サプリメントに使用されるヒノキのフィトンチッド効果とは 
フィトンチッドとは植物特有の働きの総称のことで、香りや消臭としての働き、そして殺菌や抗菌作用、薬効的な働き、そのような働きのことをまとめてフィトンチッドと呼ばれています。

 

そのフィトンチッドとの働きが強い植物としてヒノキも仲間に入ることになります。

 

香りについてもただの香りではなくて、人間にとっては中枢神経を刺激して穏やかにさせたり、落ち着かせる働きがあります。

 

森林の香りを作っている一つにヒノキも含まれていることになります。

 

抗菌や殺菌作用はどちらかというと口臭側に役立つことになりますが、香りと消臭については体臭側に役立つことになります。

 

そして植物が持つ抗酸化作用です。

 

ほとんどの植物は光合成をして酸素を作り出しますが、このときに活性酸素という毒性のある酸素も作り出してしまうことになります。

 

その毒性のある酸素を消すために植物には独自の抗酸化作用が備わっています。

 

体臭が強くなる理由の一つに活性酸素というものが人間の体内で多く発生することでも体の臭いを強くする原因になります。

 

油は酸化すると臭いが変わりますが、その酸化と同じ作用を持つのが活性酸素です。

 

老化やシミなどにも大きく関係してくる酸素で、体をサビさせていきます。

 

そのような酸化物質を除去するのに抗酸化物質が役立つことになるので、ヒノキもその仲間であり、体臭を抑えることに役立つことになります。

 

そのようなことからヒノキは体臭サプリメントの成分としては優秀ということになります。

 

そのようなフィトンチッドがある植物は、基本的に体に良い影響を与えますので臭い系サプリメントとして活躍することができることになります。

 

他の人の意見も聞いてみる!

 

 

体臭サプリランキング

体臭サプリ口コミ 

体臭サプリ選び方

体臭サプリの成分

 

スポンサードリンク



 
トップページ 体臭サプリ一覧 サプリの選び方